読谷山焼 北窯窯出しです。

こんにちは、寒さもだいぶ和らいできましたね。太陽がでるとポカポカして気持が良いです。

先日読谷山焼北窯の窯出しが行われました。今回も大盛況で、県内外の業者さんが早朝から集合しました。

IMG_2712

はじまる前に休憩所ひと休み。茶などご馳走になりながら談笑しリラックスします。

IMG_2717 IMG_2713 IMG_2715 IMG_2714

今回も宮城正享さん、與那原正守さん、松田共司さんの工房から仕入れました。

今回は少し焼があまい物もあり、、3月の窯はいつもわりと良い状態で上がるそうなんですが(冬場は乾燥している為)。

中にはこんな焼け方をしている物もあります。

IMG_2720
釉薬がかかった部分を見ると半分は釉薬が凄くよく溶けていますが半分はあまめです。(左側、良く溶けている・右側、溶けかけ)

火加減や窯の中に置いてあった場所で1つの物でもこのように景色が変化し上がってくる。これも「やちむん」の

おもしろいところでしょう。

IMG_2722

展示会用の松田共司さん作大皿(60cm以上)も大迫力!「筆さばきがとてもいいですね、ここまで書けたら気持ちいいはずよ。

あるベテランの女性バイヤーがつぶやいていました。

今回仕入れた品物は来週末ごろ牧志店・久茂地店に並ぶ予定です。

キーストン久茂地店 ミヤギ