愛(かな)さ、いちまでぃん

当「琉球民芸ギャラリー鍵石(キーストン)」は
店舗に色々な商品を扱っております。
焼物(やちむん)、琉球ガラスはもちろん、
他にも民芸品、雑貨、Tシャツ、他にも色々なアイテムがあるのです!
手作りで作られているものが殆どの為、ほぼ1点しか在庫が無いため
オンラインではご案内できていないものも、沢山ございます……。。。。申し訳ございません。その旨何卒ご理解下さいませ……。。。

そんな中で、今回は店舗のみで取り扱い中の商品、というか作品をひとつご紹介いたします。
沖縄の伝統工芸品「金細工」です。
琉球王朝時代から続く「金細工」は、500年以上の歴史があります。
その時代から代々その技を受け継いできた
七代目金細工職人:又吉健次郎さんが
現在も弟子の方と共に、ひとつひとつ作り上げていらっしゃいます。

『房指輪(ふさゆびわ)』
昔々、女性が結婚する時に、母が娘へ、幸せが末永く続くよう想いをこめてこの指輪を贈っていました。
七つの房はそれぞれ形に意味があります。
「魚」食事がいつも豊かでありますように
「葉」着物に困らないように
「花」彩り豊かな生活であるように
「鳩」平和な日々が遅れるように
「灯り」先祖の想いが続くように
「蝶」来世もずっと守ってくれるように
「扇」末広がりに、暮らしが安定、栄えるように

IMG_7817

昔からの、沖縄の女性を思う気持ちを形にしたものです。
【追記(2018/10/10)】
当記事にてご紹介いたしました「金細工またよし房指輪」は、店頭にて完売いたしました。
次回入荷未定となっております。ご了承下さいませ。

この「房指輪」が、あの、全国で大変人気のある歌手の方に贈られました。
沖縄県那覇市出身の、安室奈美恵さんです。
25年間、沢山いろんなことがあってもブレずに、歌い続けてこられました。
その功績をたたえて、5月に沖縄県から「県民栄誉賞」として表彰状と、記念品として
金細工またよしによる「房指輪」と「ジーファー(簪)」が贈られました。
その品は、安室奈美恵さんの展示「ファイナルスペース」沖縄会場に飾られてました。

明日16日で引退を迎える安室奈美恵さんを想うフラッグが街中になびいています。
そのフラッグにある言葉
「愛(かな)さ、いちまでぃん」
いつまでも大好きです。という意味。

沢山の想いが届きますように。

IMG_7818

カテゴリー:未分類
2018/9/15 キーストンスタッフ