やちむん作家さん紹介。

大宜見村にあります共同窯で作陶されている

「菅原 謙」さんの紹介です。

柄や色遣いは昔の壺屋を思わせる温かみのある作風です。

IMG_6291 IMG_6297

きれいな点打ちではないですが大胆で空間のとらえ方が好きです。

食べ物を入れてもバランスが良さそうです。

IMG_6299 IMG_6298

こちらはワンブー(鉢)。上からなので分かりにくいですが、、

左の絵付けは上品で、こちらも空間が好きです。

右の唐草は定番の柄ですが今回色が少し濃く

渋い上がりになっていました。

IMG_6292 IMG_6288

もう一つ好きなのが「いっちん柄」です。

窯出しのたびに重ねを開きながら見るのが楽しみです。

大胆さは無いですが見れば見るほど親しみを感じ飽きません。

 

IMG_6296 IMG_6294

IMG_6289 IMG_6295

 

その他にもお皿の淵を使って描いた「魚紋」や「ちちちゃん」など

初めに比べるとバリエーションも豊富になってきました。

今回は雑器がとても多くさすがの菅原さんも少しお疲れ気味でした。

器以外にも大皿やゆしびんなど、いろいろな品物があがってくるのが

今後も楽しみです。

 

キーストンクモジ ミヤギ

 

 

 

 

 

カテゴリー:焼物
2016/4/19 キーストンスタッフ